ユニットバス鏡交換の施工事例3選!交換の費用など。

ユニットバス鏡交換の施工事例3選!

【BEFORE】

ユニットバス鏡交換施工事例
よくある小さいサイズのミラーです。
鱗状痕がついてしまうと、なかなか掃除では汚れを落とすのが難しくなってきます。

【AFTER】
ユニットバス鏡交換施工事例
大きい鏡に交換しました。
高さは元々と同じ高さに合わせ、幅を広げました。
鏡の大きさはW950xH610です。
鏡が大きくなっただけでユニットバスが広くなったように感じます。

片長チャンネル施工事例
金物は以前は4点止めの金物でしたが、
上下に片長チャンネルを使いました。以前の4点止めの金物よりも高級感があります。

【BEFORE】
お風呂の鏡交換施工例
こちらは他のユニットバスの施工前の写真です。
そもそも鏡がありません。

【AFTER】
お風呂の鏡交換施工例
横長のミラーを取り付けました。
こちらも上下に片長チャンネルの金物を使っています。

こちらの鏡のサイズはW1500×H400です。

ギリギリの大きさで作ってしまうと、施工が困難になってしまうので、
左右に50mmずつクリアランスをとっています。

浴槽も交換しているので浴室内が明るくなった感じがします。

【BEFORE】
3点ユニットバスリフォーム
こちらのユニットバスにも鏡がありません。
よくあるタイプの3点ユニットバスです。

【AFTER】

3点ユニットバスリフォーム

こちらのユニットバスにはさらに大きい鏡を取り付けてみました。
片長チャンネルの金物とミラーマットとコーキングを併用して取り付けます。

鏡のサイズはW1430×H770です。
このぐらい大きい鏡をつけると以前のユニットバスの面影がありません。

鏡の他に浴室水栓や照明などの器具も交換して、床材を上貼りしています。
また全面を白く塗装しているので、見た目は新品のユニットバスです!

ユニットバス鏡の交換費用はどのぐらい?

既存の金物を再利用しての鏡の交換であれば大きさにもよりますが、1万円~3万円ほどが目安です。

金物を新品にして大きい鏡を取り付ける場合は3万~6万ほどが目安です。
こちらも鏡の大きさによって金額が変わってきます。
大きい鏡であるほど搬入や取り付けが大変になってくるので、状況によっては2人以上で取り付けます。

鏡を交換するだけでお風呂のイメージが変わるのでおすすめです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。