玄関の土間にフロアタイルを貼った施工事例

玄関の土間にフロアタイルを貼った施工事例

玄関の土間にフロアタイルを貼りました。

貼る前の状態はこちら。

【BEFORE】

施工前

土間コンクリートの汚れが目立ちます。

【AFTER】

シンコール マットネラ カフェモザイク MS-9783施工事例

シンコール マットネラ カフェモザイク MS-9783を貼りました。

モザイクタイル柄で質感もいいです!

こげ茶のフロアタイルを貼ると土足での土汚れも目立ちにくいのでおすすめです。

シンコール マットネラ カフェモザイク MS-9783 施工事例

アップするとこんな感じです。

1枚1枚のタイル柄がしっかりと表現されていて綺麗なフロアタイルです。

シンコール マットネラ インカストーン MS-9780 施工事例

こちらは違うお部屋で シンコール マットネラ インカストーン MS-9780 を貼った場合です。

シンコール マットネラ インカストーン MS-9781 を貼った場合

こちらは シンコール マットネラ インカストーン MS-9781 を貼った場合です。

シンコール マットネラ インカストーン MS-9781

ランダムな石目が表現されています。

フロアタイルを土間に貼るメリット

●デザイン性が優れている

フロアタイルはデザイン性が優れています。木目柄や石目柄、その他様々なデザインがあるので、お部屋にあったデザインで選ぶことができます。

本物のフローリングよりもデザインだけで言えば種類は豊富です。

●傷に強い

傷に強いので、土足歩行も可能です。光沢があるタイプのフロアタイルは磨き傷がつきやすいので、土間には光沢がないタイプのフロアタイルを貼りましょう。

クッションフロアなどのビニール素材は重いものを置くと傷がつきやすいですが、フロアタイルは重いものを置いても傷はつきにくいです。

●コストパフォーマンスに優れている

本物のタイルよりも質感は劣りますが、コストパフォーマンスには優れています。気軽に張り替えすることができるので、賃貸物件などには特におすすめです。

●DIYでも施工が可能

タイルやフローリングなどに比べて、フロアタイルは施工がしやすいです。

カッターでの加工がメインなので、慣れてくればDIYでも施工できます。

ただ、糊の扱い方や端部の加工の方法などは初めてやる場合では難しいかもしれません。初めてやる場合は失敗してもいい狭い部屋などで練習してみるのがいいと思います。

フロアタイルを土間に貼るデメリット

●タイルに比べ質感が劣る

タイルを貼ったほうがやはりかっこいいです!予算があるのであればタイルをおすすめします!

フロアタイルを貼る費用はどのくらい?

フロアタイルの施工を内装業者に頼むと、貼る費用は1平米¥4000~¥6000ほどです。貼る面積が少ないと割り増しになってしまいます。全体のリフォームに合わせてやるといいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。