量産クロスをアクセントクロスにした施工事例【2018年】

量産クロスをアクセントクロスした施工事例

通常アクセントクロスは1000クラスのクロスを使うことが多いですが、
量産クロスをアクセントクロスにしました!

【BEFORE】

施工前

施工前の状態です。少し汚れが目立ちます。

【AFTER】

量産クロスのアクセントクロス

クロスを貼り替える際に一面、違う量産クロスにしました!

シンコールのSLP-307

メインに使った白いクロスはシンコールのSLP-307です。

サンゲツのSP2131
アクセントに使っているクロスはサンゲツのSP2131です。
量産クロスでもだいぶ見栄えが変わりますね!

キッチンカウンターアクセントクロス

キッチン周りも量産クロスで色分けをしました。

カウンターの下に使っているクロスはサンゲツのSP2131

また、カウンターの右上に使っているクロスはサンゲツのSP2130です。

梁にサンゲツのSP2131

梁にもサンゲツのSP2131を使いました!全部白いクロスで貼るよりもちょっとしたアクセントになります。

スリーブ交換

クロス張り替えの際に換気スリーブも交換しました。

NASTAの換気スリーブです。

換気スリーブは外す際にクロスにキズが出てしまうので、
クロス張り替えのときに一緒に交換しましょう!

サンゲツの量産クロス、SP2132をアクセントにした場合

こちらは別のお部屋の施工事例です。

サンゲツの量産クロス、SP2132をアクセントにしています。

落ち着いたブルーの高級感あるクロスです。

長押の上下で貼り分け

こちらは和室の長押の上下で貼り分けた場合。

上部のクロスはシンコール、SLプラスのSLP340です。
白いクロスはシンコール、SLプラスSLP341です。

貼り分けでだいぶイメージが変わります!

アクセントクロスに使えそうな量産クロス3選

量産クロスにもアクセントに使えそうなクロスが何種類かあります。

おすすめの3種類をご紹介致します。

サンゲツSP2017-2020のSP2132

こちらはサンゲツSP2017-2020のSP2132。
鮮やかなブルーが高級感があります。使いやすいクロスです。

シンコールSLプラス2017-2019のSLP-340

こちらはシンコールSLプラス2017-2019のSLP-340
汚れが目立ちにくいので収納内などに貼るのもおすすめです。

シンコールSLプラス2017-2019のSLP364

こちらはシンコールSLプラス2017-2019のSLP364
優しい色合いなので寝室などにもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。